スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【関連エントリー】

曙覧の歌-その6

  • 2009/07/20(月) 18:15:03

 歌想に主観的なるものと客観的なるものとあり。『万葉』は主として主観的歌想を述べたるものにして客観的歌想は極めて少かりしが、『古今』以後、客観的歌想の歌、次第にその数を増加するの傾向を見る。
 主観的歌想の中にて理屈めきたるはその品卑しく趣味薄くして取るに足らず。『古今』以後の歌には理屈めきたるが多けれど『万葉集』、『曙覧集』にはなし。理屈ならぬ主観的歌想は多く実地より出でたるものにして、古人も今人もさまで感情の変るべきにあらぬに、まして短歌のごとく短くして、複雑なる主観的歌想を現すあたわず、ただ簡単なる想をのみ主とするものは、観察の精細ならざりし古代も観察の精細に赴きし後世も差異はなはだ少きがごとし。ただ時代時代の風俗政治等々しからざるがために材料または題目の上には多少の差異なきにあらず。例えば万葉時代には実地より出でたる恋歌の著しく多きに引きかえ『曙覧集』には恋歌は全くなくして、親を懐(おも)い子を悼み時を歎(なげ)くの歌などがかえって多きがごとし。
 曙覧の歌、四(よつ)になる女の子を失いて
きのふまで吾(わが)衣手(ころもで)にとりすがり父よ父よといひてしものを
 父の十七年忌に
今も世にいまされざらむよはひにもあらざるものをあはれ親なし
髪しろくなりても親のある人もおほかるものをわれは親なし
 母の三十七年忌に
はふ児にてわかれまつりし身のうさは面(おも)だに母を知らぬなりけり
 古書を読みて
真男鹿(まおしか)の肩焼く占(うら)にうらとひて事あきらめし神代をぞ思ふ
 筑紫人(つくしびと)のその国へかえるに
程すぎて帰らぬ君と夕占(ゆうけ)とひまつらむ妹にとく行(ゆき)て逢へ
 されど女を思うも子を思うも恋い思うとばかり詠む短歌にては、感情の切なるを感ずるほかなければ、いずれにても深き差異あるにあらず。この点におきて『万葉』と曙覧と強いて優劣するを要せず。しこうして客観的歌想に至りては曙覧やや進めり。

 四季の題は多く客観的にして、『古今』以後客観的の歌は増加したれど、皆縁語または言語の虚飾を交えて、趣味を深くすることを解せざりしかば、絵画のごとく純客観的なるは極めて少かり。『新古今』は客観的叙述において著(いちじるし)く進歩しこの集の特色を成ししも、以後再び退歩して徳川時代に及ぶ。徳川時代にては俳句まず客観的叙述において空前の進歩をなし、和歌もまたようやくに同じ傾向を現ぜり。されども歌人皆頑陋(がんろう)褊狭(へんきょう)にして古習を破るあたわず、古人の用い来(きた)りし普通の材料題目の中にてやや変化を試みしのみ。曙覧、徳川時代の最後に出でて、始めて濶眼(かつがん)を開き、なるべく多くの新材料、新題目を取りて歌に入れたる達見は、趣味を千年の昔に求めてこれを目睫(もくしょう)に失したる真淵、景樹を驚かすべく、進取の気ありて進み得ず※(「走にょう+咨」、第4水準2-89-24)※(「走にょう+且」、第4水準2-89-22)逡巡(ししょしゅんじゅん)として姑息(こそく)に陥りたる諸平(もろひら)、文雄(ふみお)を圧するに足る。徳川時代の歌人がわずかに客観的趣味を解しながら深くその蘊奥(うんおう)に入るあたわざりしは、第一に「新言語新材料を入るるべからず」という従来の規定を脱却するあたわざりしに因(よ)る。曙覧はまずこの第一の門戸を破りて、歌界改革の一歩を進めたり。


〔『日本』明治三十二年三月三十日〕
その7へ続く

スポンサーサイト


【関連エントリー】

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
<a href="http://www.linkedtube.com/yCxQ5vdBeJ0fdedf968d47f58ee2d7a766214ad08fb.htm">LinkedTube</a>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。